女性の病気性器の病気カテゴリの記事一覧

女性にも多い病気…性病

女性の間でも意外に多い病気として、性病があります。性病となるとあまり人には言えない病気であるがために、身近で見聞きすることは少ないかもしれませんが、女性の病気の中でも年々患者数が増加の一途をたどっているのは事実です。


性病の中でも、若者の間で増えているのが淋病。男性であれば自覚症状がありますが、女性の場合、この病気はほぼ症状が出ません。しかし、淋病を放置しておくと、最終的には不妊症や子宮外妊娠といった女性特有の病気の原因にもなりうる、怖い病気なんです。


とはいえ、自覚症状もないのに病院で検査を受ける人はそういません。性病であれば尚更行きづらいものです。そこで、オススメなのがアルバの淋病郵送検診キット。これは膣内の分泌液を採取して郵送するだけで、淋病の検査が受けられるというもの。いわば、自宅で淋病検査が可能というわけです。


アルバの淋病郵送検診キットなら、誰にも知られず自宅でひっそりと、自分が性病であるかどうかを確認することができます。値段も税込で4620円と低価格。オトナの女性にとって性病は身近な病気なだけに、これは嬉しいですよね。


ちなみに、淋病はクラミジアという性病との同時感染率が30%と高め。アルバにはクラミジア郵送検診キットもあるので、淋病郵送検診キットと一緒に検査してみるのもいいかもしれませんね。

おりもので見つける女性の病気

女性の病気とおりものは深く関係しています。おりもので見つけることが出来る女性の病気というのは、結構あるものです。なぜなら、女性の病気の中には、おりものに異常が出るという症状を持つものが少なくないからです。いくつか例を挙げてみましょう。


乳白色でおから状のおりものから考えられる女性の病気としては、細菌性膣炎が挙げられます。この女性の病気は、かゆみやひりひりとした痛みを伴います。


膿状のおりものから考えられる女性の病気としては、慢性子宮頸炎、子宮内膜炎などが考えられます。また黄色で泡状のおりもので、かゆみも伴うようであれば、トリコモナス膣炎の可能性があります。


血を含むおりものから考えられる女性の病気としては、子宮頸がんなどの悪性腫瘍の可能性があります。同じく性交時に出血がある場合も、悪性腫瘍の疑いがあります。


おりものは、膣内を健康に正常な状態に保つために必要なもの。正常なおりものは無色で異臭がなく、もちろん正常なおりもの自体は女性の病気ではないので、特に治療の必要もありません。でも、上記のような正常でないおりものの場合は、女性の病気のサインだと考えるべきです。


おりものが教えてくれる、女性の病気。せっかくの身体からのサイン、見逃さないようにしたいですね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。